加齢による目の下たるみ

加齢による目の下たるみ

目の下のたるみは特に気になる顔の部分で、たるんでいると古く見えてしまいます。加齢とともに肌が弱くなり、目の下にたるみが生じます。 10代のような若い世代は、たるんだ肌になることはめったにありませんが、20代になると、たるんだ肌が少しでも現れ始めます。肌や顔の筋肉の老化は、目の下のたるみを引き起こします。人間の皮膚は老化するにつれて薄くなり、弾力性が低下し、それを保持する能力も弱まります。目の下のたるみは、目の下の細胞が加齢とともに浮腫状になり、皮膚全体が腫れてたるむことによって引き起こされる可能性があります。開眼動作は上唇鼻翼挙筋と呼ばれる筋肉を使用し、閉眼動作は眼輪筋を使用します。目の周りの筋肉は非常に細く、小さく、弱くなりやすいです。年をとると、これらの筋肉は弱くなり、皮下脂肪をサポートする能力が弱まり、目の下のたるみも引き起こします。目の下のたるみをチェックすることもできます。口を大きく開けて天井を見て、目の下に手でつまむことができる部分がないか確認してください。手でつまむような肌があると、目の下がたるんでしまいます。肌が老化するにつれて、肌の弾力性が低下し、毛穴が滴り落ちるので、多円形の毛穴を見つけた場合は、たるみがあることを証明します。ピュアナクレ

error: Content is protected !!