二重まぶたのプチ整形をするには

二重まぶたのプチ整形をするには

肌ナチュール ホワイトセラム
埋葬法は、プチ形成外科として知られている二重まぶたの形成外科と呼ばれることがよくあります。二重まぶたのプチシェーピングはナイロン糸で作られ、メスで切り込みを入れないのが特徴です。小さな整形手術なので、手術時間はわずか5〜10分です。メスを使用していないため、手術後すぐに社会に復帰することができ、翌日から化粧ができると言われています。別の利点は、二重眼瞼の形成外科手術後の痛みが少ないことです。一般的な手順は2点で停止することですが、仕上げの品質と安全性を重視する場合は、熟練した形成外科医と一緒に操作しても安全です。この操作では、仕上がりに不満があるかもしれませんが、縫合糸を外すと元の状態に戻るので安心です。二重まぶた手術の埋葬方法については、いくつかの留保があります。これは、基本的にまぶたの油分が少なく、簡単に二重まぶたを作ることができる人に限定されています。まぶたがふくらんでいる人も2倍にならないかもしれません。術後の症状には、わずかな異物感、わずかな腫れ、左右のしわの違いなどがありますが、まぶたが左右対称の人には一般的ではなく、より自然に見えると言えます。プラスチック製の二重まぶたリフトの埋葬方法の予算は約2万円で、他の手術よりも安く、幅を修正できるのがポイントです。整形手術後も簡単に繰り返すことができるので、プチ整形手術と呼ばれる理由かもしれません。

error: Content is protected !!